nybj

なぜ精密部品の材料には熱間圧延鋼ではなく冷間引抜鋼が使われるのでしょうか?

2023-07-20 11:10

冷間引抜鋼棒には、熱間圧延鋼棒に比べていくつかの利点があります。&注意;


精密部品には多くの場合、高い寸法精度と表面仕上げが必要ですが、冷間引抜鋼を使用することでこれらの精度が向上します。冷間引抜プロセスにより、より滑らかで均一な表面仕上げが得られ、寸法公差もより厳しくなります。このため、冷間引抜鋼は、一貫した正確な測定が必要な精密部品にとってより良い選択肢となります。


さらに、冷間引き抜き鋼は、精密部品にとって重要な要素である、引張強度や降伏強度の向上、表面硬度の向上、寸法精度の向上などの機械的特性も向上しています。これにより、冷間引き抜き鋼は、厳しい条件下で機能する必要がある精密部品にとって、より信頼性が高く耐久性のある材料となります。


全体として、表面仕上げの改善、より厳しい寸法公差、および優れた機械的特性により、冷間引抜鋼は熱間圧延鋼と比較して精密部品に適した選択肢となっています。これらの利点により、冷間引抜鋼棒は、精密部品、機械部品などの幅広い用途で人気があります。


最新の価格を取得しますか? できるだけ早く返信します(12時間以内)
This field is required
This field is required
Required and valid email address
This field is required
This field is required